意外と知られてない、むくみと利尿剤

Pocket

私たちの身体の60%は、水でできているといわれています。
臓器が正常に働けるのは、体内の水分量が適切に保たれているからです。

水分は、私たちが健康を維持するために大切な役割を果たしています。

水分は多すぎても少なすぎてもいけません
水分が多すぎると、血管内に大量の水分が取り込まれ、血液の濃度が薄まると共に血液量が増えてしまいます。
増えた血液を円滑に流すには血圧を上げざるをえなくなり心臓に負担がかかります。

もし、血流が滞ってしまうと、血液中の水分が血管から流れ出し、体内に溜まってしまい、むくみが発症します。

体内の水分量が不足すると、水分不足から血液は濃縮され、ドロドロになってしまいます。
この場合も血流が滞ることになり、血液が順調に腎臓に戻ることができず、むくみを発症してしまいます。

水分摂取は適量であっても、病気や運動不足などが原因で、体内に取り込んだ水分を排出できなくなることがあります。
この場合も結果として、むくみを発症します。

 

適切な水分量を保つために利尿剤が使われる

上述のとおり、体内の水分量が多すぎても少なすぎても、むくみが発症することになります。

再度むくみを定義すると、むくみとは細胞内で不要となった水分や老廃物が、尿として排出されずに体内にたまった状態を言います。
本来、細胞内の水分や老廃物は、静脈やリンパ管を通って腎臓に運ばれ、腎臓で浄化されて再度体内を循環する仕組みになっています。

しかし、排尿機能に支障をきたしている腎臓病患者さんにとって、むくみは切っても切れない症状の一つです。
このため、皆さんの多くは、利尿剤を服用することになります。

 

利尿剤は3タイプある

浸透性利尿剤

過剰な糖分やたんぱく質により、濃縮された血液を薄めることによって尿を出させる薬です。

強心剤

心臓に負担はかかりますが、血圧を上げることによって、滞っている血液の流れを活性化させて腎臓に送り込み、少しでも尿量を増やそうとする薬です。

ループ利尿剤

体内を巡って汚れた血液は、腎臓の糸球体でろ過された後、再吸収されて体内に戻されます。
このとき、尿量を増やすために、再吸収を行う尿細管の機能を高めることによって、血液中の水分を抜くための薬です。

 

腎臓病患者に利尿剤の効果は少ない

腎臓病の皆さんは、利尿剤は服用しているけど、むくみが改善しないと悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

改善しない理由は、利尿剤が尿を排出することだけを目的として作られており、腎臓のことを考えていないからです。
もっと言えば、上記の3タイプの利尿剤は、腎臓が十分に機能している前提で作られているため、腎臓の機能が弱っている患者さんには十分な効果を発揮しません。

さらに、利尿剤は使いすぎると、血液が濃縮してドロドロなってしまいます。

血流改善が腎臓病の改善につながることを考えると、利尿剤は腎臓を悪くさせてしまいます。
中には、強心剤のように心臓を強く働かせて、ポンプ機能をあげるものもあります。
これは血流改善という観点では悪くはないのですが、心臓を過剰に働かせすぎることの弊害は否定できません。

 

むくみはふくらはぎの運動によって解消しよう

むくみを発症する原因は、体内の水分量が多すぎても少なすぎても血流が滞ることにあります。

腎臓の弱っている腎臓病患者さんは、利尿剤でむくみを解消しようとせず、内臓トレーニングで、第2の心臓であるふくらはぎを刺激して、むくみをとっていきましょう。